NEWS

日本語&English 

THE ART OF NOH

能〜​舞と囃子の世界〜

Ōkura Genjirō, Living National Treasure and the 16th Grand Master of the Ōkura School of Kotsuzumi (shoulder drum) will lead a lecture-performance of Noh, focusing on Mai (Noh dance) and Hayashi (instrumental music). 

Get a first look at this event scheduled for New York in the spring of 2021!

能を大成させた世阿弥が唱えた演能の基礎「二曲(歌と舞)三体(老体、女体、軍体)」を手がかりに、人間国宝・大倉源次郎が、舞、謡、囃子など様々な見せ方で能の魅力を多方面から紹介し、能を初めて鑑賞する方にもわかりやすくひも解きます。この機会をお見逃しなく!

 

出演|Performers

喜多流シテ方  Shite (Kita School) 

狩野了一      Kano Ryōichi  

粟谷浩之   Awaya Hiroyuki        

佐藤陽          Satō Yō

 

藤田貴寛(一噌流笛方)

 Fue (flute):Fujita Takahiro 

大倉源次郎(大倉流小鼓方)  

Kotsuzumi (shoulder drum):Ōkura Genjirō  

亀井広忠(葛野流大鼓方)     

Ōtsuzumi (hip drum):Kamei Hirotada

林雄一郎(観世流太鼓方)     

Taiko (stick drum):Hayashi Yuichirō

日時|Date

令和2年4月19日(日)

午後6時開演(午後5時30分開場)

Sunday April 19th, 2020 at 6pm (Doors open at 5:30pm)

会場|Venue

銕仙会(てっせんかい)能楽研修所

107-0062 東京都港区南青山4-21-29

The Tessen-kai 4-21-29 Minami Aoyama, Minato-ku, Tokyo 107-0062
 

東京メトロ「表参道」駅下車(銀座線・千代田線・半蔵門線)

A4出口より徒歩3分

 

 

入場料|Tickets

[一般 (Adult)] 4,500円

[学生 (Student)] 2,200円

[能ソサエティージャパン会員(Member)]4,000円

*全席自由(All seats are unreserved)

 

<チケットお取り扱い>

Peatix (チケット販売サイト):https://noh2020.peatix.com

​能ソサエティージャパンホームページ:こちらより

狂言 ー 京都400年の笑い

2020年3月13日から4日間、ニューヨークとボストンにて京都で400年間続く茂山家の狂言を紹介します。国内外での狂言公演はもとより現代劇やテレビなどでも活躍する大蔵流狂言師・茂山逸平氏、茂山宗彦氏、そして島田洋海氏を北米に招き狂言の魅力を披露いたします。

 

「狂言は室町時代の庶民の日常の言葉の会話劇」と語る茂山逸平氏が、冒頭で狂言の歴史や楽しみ方を解説し、古典狂言「柿山伏」と新作狂言「濯ぎ川」を上演します。決まった形で動きを表す狂言独特の表現方法(型)と擬音語・擬態語を駆使した「柿山伏」とフランス古典小咄「ル ·キュヴィエ (洗濯桶) 」を基に1952年に劇作家、飯沢匡が書き下ろした新作「濯ぎ川」の新鮮な笑いを対比させて上演します。京都を拠点に「笑い」を一途に追求して400年、古典から現代へと繋ぐ茂山家の狂言の世界を堪能いただきます。

​助成団体:東京倶楽部