THE HEART OF KYOGEN 

The Heart of Kyogen 2019
in Tokyo

約650年の歴史をもつ伝統芸能、「狂言」。大蔵流狂言師がその楽しみ方をレクチャーし、人気演目を披露するイベントです。3度目の開催となる今回は、言葉遊びが楽しい「魚説経(うおぜっきょう)」、大胆なストーリー展開で幅広い年代に人気の「附子(ぶす)」を演じます。

2019年8月3日(土)午後4時開演(午後3時半開場)

 

セルリアンタワー能楽堂 東京都渋谷区桜丘町26-1 地下2階

 

一般3,500円、会員3,000円、学生2,000円(全席自由席)

 

演目「魚説経」「附子」

出演 善竹大二郎 大藏教義 吉田信海

Screen Shot 2019-08-07 at 5.05.01.png
097.jpg
Screen Shot 2019-08-07 at 5.10.31.png
写真撮影 新宮夕海

The Heart of Kyogen in Tokyo

この夏、”狂言”に行こう! 

日本の笑いのルーツ”狂言”を能楽堂で体験しませんか?ファンも納得の所見解説付き!

​2017年8月19日(土)

セルリアンタワー能楽堂

Program 

1, お話 これだけは知っておきたい演出方法

2. 演目 「清水」「蝸牛」

あらすじ

「清水」:はやりの茶会のため、清水(湧き水)をくんでくるよう命じられた太郎冠者。気が進まず、清水に鬼が出たと嘘をつくが....

「蝸牛」:主人の命で長寿の薬・蝸牛(かぎゅう/カタツムリ)を取ってくることになった太郎冠者だが、蝸牛を見たことがない。竹やぶで寝ていた山伏を蝸牛だと勘違いして....

​出演:善竹大二郎・大藏教義・宮本昇

IMG_4164.jpg
_DSC0974.jpg
_DSC0954.jpg

The Heart of Kyogen in Tokyo

ニューヨーク公演2先駆けて 一夜限りの「狂言」体験

日本の笑いの原点に触れる!

2016年8月20日(土)午後6時

​セルリアンタワー能楽堂

650年の歴史をもつ日本の芸能の原点の一つ「狂言」の魅力世界の人に知ってもらうための企画。

10月のアメリカ・ニューヨークでの開催に先駆けて日本の最先端の文化発信地、東京・渋谷で開催。

​出演:善竹大二郎・大藏教義

 

_DSC7518.jpg
_DSC7517.jpg
_DSC7401.jpg